安全運転について 運転コツ

久しぶりの運転【運転姿勢】安全運転の基本から

久しぶりの運転でもまずは運転姿勢から

運転姿勢をしっかり安定させることで運転が上手になりますよ!

どのような方でもまず【運転姿勢】が基本です。

シートに深く腰掛けよう

お尻と腰に隙間がないように深くシートに座ってください。カラダが下がらないようになることでしっかりと急ブレーキを踏めるようになります。

上記のようにお尻と腰とシートが三角になる隙間を作らないようにします。このように隙間があるような状態でシートに座っていると腰痛の原因になります。

シートの前後と高さを調整

シート下のレバーを上に持ち上げてシートの前後を合わせます。

左側にあるフットレストに左足を置けるように位置を調整します。

左足をフットレストに乗せ、強く踏ん張っても膝が曲がる状態にします。

踏ん張ることができるとカーブでもカラダが安定させる出来ます。

リクライニングを調整

シート横についているレバーを引き上げてリクライニングを調整します。

肩をシートに押し付けて両手を伸ばしハンドルに手首が乗るぐらいの位置に合わせます。

ヘッドレストを調整

追突されたときに頸椎を守るために高さを調整します。高さは耳の真ん中あたりにヘッドレストの真ん中がくるように調整します。

理由をしっかり理解して正しい運転姿勢をとってください。

自動車を運転する時は、姿勢をしっかり整えることからはじまります。慣れないうちは多少窮屈に感じるかもしれませんが、カラダをしっかり安定させて運転することで正確な運転操作をすることができ、運転による疲れを軽減させることができます。そして万一事故に遭った場合もシートベルトやエアバッグなども正常に動作し被害を軽減させることが出来るのです。

ポイント

安全は走行前から始まっています。正しい運転姿勢を再確認しましょう!

※運転中やレッスン中はお電話に出れない事がございます。こちらから折り返しますのでお待ちくださいますようよろしくお願いいたします。

カテゴリー

-安全運転について, 運転コツ