体験レポート

女性インストラクターの優しい指導と軽自動車の教習車を通じて、新たな自分を発見した

  1. HOME >
  2. 体験レポート >

女性インストラクターの優しい指導と軽自動車の教習車を通じて、新たな自分を発見した

30年ぶりに運転席に座った日、私は緊張でいっぱいでした。エンジンをかける手が震え、毎回の運転が不安でいっぱい。右折や左折も難しく感じました。始めの5分間で運転を諦めようかと思いましたが、女性インストラクターの優しい声と励ましが心の支えとなりました。彼女は私の不安を理解し、一つ一つの動作を丁寧に教えてくれました。使いやすい軽自動車のおかげで、少しずつ運転に対する恐怖を克服し、楽しさも感じられるようになりました。

多くの質問にも、インストラクターは明確に答えてくれ、運転への理解と自信を深めてくれました。練習を重ねることで、最初は怖かった他の車も、彼女の落ち着いた声に導かれながら安心して走れるようになりました。今では、一人で近所を運転するのが楽しみで、運転することへの愛着が日に日に増しています。始めは困難に感じましたが、インストラクターの助けで運転する勇気を持ち続けることができました。狭い道でもスムーズに運転できる軽自動車で、自信を持って練習を積むことができたのです。

運転の練習は、技術向上だけでなく、自己成長の時間でもありました。不安や恐怖を乗り越える達成感が、私を成長させてくれました。インストラクターのおかげで、新たな自分を発見し、もっと多くのことに挑戦したいと思うようになりました。最後に、インストラクターへの深い感謝を伝えたいです。彼女の優しさ、忍耐、専門知識によって、運転の楽しさを知り、成長することができました。これからも、彼女から学んだことを大切にしながら、新しい道を探求し続けます。本当にありがとうございました。

-体験レポート