安全運転について

小学生の安全な登下校のために親ができること

  1. HOME >
  2. 安全運転について >

小学生の安全な登下校のために親ができること

ぱんだ先生
ぱんだ先生

小学1年生から低学年の子どもたちは、登下校時にしばしば無邪気な行動を取ります。友達とふざけ合い、急に走り出したり、縁石の上を歩くなど、これらの行動は事故につながりやすいものです。このため、日頃から家庭での安全な歩き方を根気よく教えることが重要になります。

親の役割:家庭での交通安全教育

警察庁の「子ども等の交通事故について」によると、小学生の歩行中の死傷者数は特に4月から7月、10月、11月に多くなります。

特に1年生では5月が最も多いとされています。

これは、学校生活に慣れ、大人の目が届かなくなる時期と重なるためです。

そのため、この時期までに、ご家庭での安全教育の重要性が増します。

入学前の準備:通学路の確認

新学期が始まる前に、お子さんと一緒に通学路を歩いて、危険な場所を確認することが効果的です。

通学路の練習をしておくことで、子どもたちが自信を持って安全に通学できるようになります。

通学路チェックリスト

  • 横断歩道の数と待機スペース
  • 車道と歩道の幅
  • 防護柵の有無
  • 見通しの悪いコーナー
  • 交通量が多い場所やスピードが出やすい場所

このリストを基に、お子様と一緒に、通学路の安全性を確認してください。

実際の通学時の練習

登下校時の練習をする際は、異なる天候のもとでの練習が重要です。

晴れの日だけでなく、雨の日にも登下校の練習をしましょう。

ランドセルを背負い、傘をさし、体操服や上履きケースを持って歩くと、周囲の変化に気付きにくくなるため、このような状況下での練習も重要です。

子どもたちの自立と意識向上

学校生活に慣れると、子どもたちは自力で下校することが求められます。

そのため、交通ルールを守り、安全に帰宅できるよう、意識を高めることが必要です。

小学生の安全な登下校のために親ができることまとめ

子どもたちの安全な通学は、彼ら自身の意識向上と親からの積極的なサポートの組み合わせによって実現されます。

家庭での交通安全教育の実施、通学路の練習、緊急時の対処法の教育、子どもとのオープンなコミュニケーションの維持、そして地域コミュニティとの連携は、全て子どもたちが安全に学校に通うために重要な要素です。

これらのアクションを通じて、子どもたちが安全意識を高め、自信を持って通学できるようになることが期待されます。

親として、子どもたちの安全な登下校を支える役割を果たすことは、彼らの成長と自立にとって非常に重要ですね。

-安全運転について